ぼくらの組織 #01 いきいきとした個人とチームを生むために、ぼくらがやってきたこと ​|イベントレポート

ぼくらの組織 #01


いきいきとした個人とチームを生むために、ぼくらがやってきたこと

イベントレポート

株式会社スノーピークビジネスソリューションズ株式会社ヤッホーブルーイング・株式会社ヒトカラメディア(新宿ワープ運営会社)による3社共催イベントを新宿ワープで開催いたしました。 

テーマは「〜いきいきとした個人とチームを生むために、ぼくらがやってきたこと〜」

ヒトカラメディアは、『「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす』というビジョンを掲げています。そんなヒトカラメディアがファシリテーターとなり、組織活性化を目的にさまざまなアプローチを仕掛けている2社にお話を伺いました。

まずアイスブレイクに、ヒトカラメディアが毎朝行なっているカルチャー「アサカラ」をご紹介。今回は、イベント時間に合わせ、「ヨルカラ」として来場者の皆さんに体験していただきました。ヤッホーブルーイングさんの定番商品よなよなエールで乾杯してヨルカラスタート!一番盛り上がったのが「令和最初のいい買い物」。フランクな会話は、カジュアルなトークネタだからこそ生まれるもの。よなよなエールのおかげもあり、さらに会場の温度が高くなりました。

 

 ここからは、

株式会社スノーピークビジネスソリューションズ/取締役 事業戦略本部長:藤本洋介さん

株式会社ヤッホーブルーイング/人材開発担当:髙畑健太郎さん

からいただいたお話の中で「これ組織づくりに大事そう!」なポイントを抽出してご紹介していきます。

メンバーひとりひとりの巻き込み力の強さ、でしょうか。人を巻き込める人って、自発的に行動して、その行動に対してどう考えているのか、きちんと自分の言葉で話せるんですよね。逆に、自分の殻に閉じこもってしまって、そこから抜け出せない人が多い組織は”いきいき”とは言い難いですよね。自分1人で完結することってないですから。 

うちの組織内でいうと、ヤッホー文化に共感して動けるか、ですかね。言いたいことが言えている状態だったり、部署を超えていろんなチャレンジをするとか、役職関係ないフラットさを大事にしているので、”いきいき”した状態が生まれていく感じがします。

やや抽象度の高い”いきいき”というワード。この定義は企業ごとに違うかもしれませんが、本質的な考え方に通じるポイントがあるようです。「うちの会社の”いきいき”ってなんだろう?」について社内メンバーで考えたり、共通認識を持つことで、会社ごとの”いきいき”解像度が上がるかもしれません。

15-30分ほど、朝礼ならぬ昼礼を行なっています。「自分で話題を振る」行為を積み重ねると、どんな場所に行っても喋られるスキルが身につきますし、ただ会話をするだけで終わらない。コミュニケーションに目的が生まれるので、より意義がありますよね。

朝礼を30分行なっています。コミュニケーションの質を考えるより、とにかく量を増やすこと。コミュニケーション施策はとにかくあの手この手が大事。アレンジしないと、ずっとやっているとしらけたりしちゃいますよね。

たとえば、「メンバーの知らなかったを一面を知る」「新しい共通点を見つける」などなど、大小関わらず何かしらの目的を持つことが、コミュニケーション活性化のコツかもしれません。

仲間を見つけたり、関係を深めるためには相手のことを知る必要があると思うんですよね。よくわからない相手でも、「この人、本当はおもしろいのかも」と期待をもって、相手と対話することを心がけています。

まずは挨拶して、関係性の質を高めること。一緒にお昼ごはんを食べたり、夜ビールを飲んだり。「人」がどういう思想・価値観をもっているか?とか、そういうところを理解するには、やっぱり雑談が切り口になると思うんですよね。

ヒトカラメディアも同様、アサカラの5分間って徹底的に雑談することを重要にしているんですよね。仕事関係なく、「将来の夢は?」とか「100万円あったら何したい?」とか。飲み会で考えてみるとわかりやすいかもしれません。仕事の話ももちろんするけど、大半が雑談だったりします。古い考えになりつつあるかもしれませんが、いわゆる「飲みニケーション」で大事なのは、お酒に力を借りて、どうでもいい雑談をし、なんとなくでもいいから相手を知ることだと思うんです。そういった雑談をカルチャーとして、ナチュラルに浸透させていくことが、いきいきとした組織作りのパーツになるかもしれません。

いかがでしょうか?

①そもそも、企業の”いきいき”って?

②メンバー同士のコミュニケーション活性化にどんな目的を置くのか。

③”いきいき”とした組織の共通点とは?

上記の観点をもって考えてみると、概念的な”いきいき”をより鮮明に捉えられるようになるかもしれません。社内メンバーと向き合い、探り合い、共通認識を持ち、醸成していく。社員メンバーひとりひとりがインプットしておきたい組織づくりの考え方になりそうですね。

クロストーク後は、お楽しみの懇親会!場所は変わって新宿ワープの屋上。前日まで雨が心配されていましたが、なんとか持ちこたえてくれました。1階のレンタルスペースと比較すると、コンパクトにも感じられる広さ。それが功を奏したのか、ぎゅっとした雰囲気のおかげで参加者同士の距離が自然と近づき大いに盛り上がっていました。

よなよなエールを飲みながら、スノーピークのテーブルやキャンプギアで語り合う。(屋上利用いただくと、オプションでレンタルできちゃいます)はじめましての人同士が熱く会社の悩みを語り合っていたのが興味深く、熱い夜となりました。都会の空を感じながら、各企業の「課題」「未来について」共有し、より価値のある新しい出会いや気づきが生まれていたらこんなに嬉しいことはありません。

第一回目のぼくらの組織。はじめてということもあり、100点満点!とは言いがたいかもしれません…。が、未完成さを面白がれる、チャレンジングな方々にお集まりいただいたおかげで、ぼくらの組織の伸び代を感じることができました。参加者のみなさまどうもありがとうございました!

トークイベント「what is~愛、幸せ、人生~」

トークイベント「what is~愛、幸せ、人生~」

Let it beさまにトークイベント会場としてご利用いただきました。テーマは「what is~愛、幸せ、人生~」。当日は満員御礼で約40名以上の方が参加されたそうです。引きのある外観とおしゃれな内装に魅力を感じて新宿ワープを選んでくださいました◎また、「迅速で丁寧に対応して頂いたおかげで、イベントまでとてもスムーズに進められました」と嬉しいコメントを頂いております。ご利用いただきありがとうございました!

青春のワンシーン!サプライズも大成功な体育祭の打ち上げ

青春のワンシーン!サプライズも大成功な体育祭の打ち上げ

森山 珠衣さま

体育祭の打ち上げ会場としてご利用いただきました。参加メンバーは、全校各クラスの応援団員約50人。せっかくの打ち上げ、普通ではつまらないので何かサプライズを仕掛けたく、オモシロいことができそうな新宿ワープを選んでくださったそうです。当日まで会場は秘密にし、コンテンツなどもサプライズ。みんなの驚いた顔と笑顔が溢れ、サプライズは大成功◎幹事の方から「初めての場所でしたが、利用案内も丁寧で、設備(マイク、プロジェクター)も使いやすかったです」とのコメントも頂いております。
ずばり「青春」のワンシーンに、新宿ワープをご利用いただきありがとうございました^^

セミナー『オフィスデザイナー必須スキル!?クライアントに喜ばれるアートの取り入れ方』

セミナー「オフィスデザイナー必須スキル!?クライアントに喜ばれるアートの取り入れ方」

アートアンドリーズン株式会社さま

セミナー+意見交換会の会場としてご利用いただきました。セミナーのテーマは「オフィスにアートがある効果とその取り入れ方」。AIを活用し、空間に最適なアートを客観的に安心して選べるプラットフォーム『ArtScouter』と、”オフィスとはたらく”をテーマとしたオウンドメディア『ART HOURS』を提供されているアートアンドリーズン株式会社の佐々木真純様からサービスのご紹介をいただき、ゲストスピーカーの東京画廊 山本豊津さまから「アートを提案するということ “価値と効果”」についてお話いただきました。また、ワープ運営会社ヒトカラメディアのメンバーである大塚裕樹もゲストスピーカーとして「アートを取り入れたオフィスの変化」についてお話しさせていただきました。参加者を交えた意見交換の場では、「ビジネスとアート思考の関係に関心が集まる今、より理解を深めることができた」といった嬉しい声も◎今回はセミナー会場としてご利用いただきましたが、絵画や写真などの展覧会としてもご利用いただけますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

本格料理対決イベント!5歳メシ×オリメシ『モテクック対決』

本格料理対決イベント!5歳メシ×オリメシ『モテクック対決』

折田拓哉さま 5歳さま

「美味しそう!」「楽しそう!」な料理イベントの仕掛け人で、フリーランス料理家で渋谷にオリタ食堂を展開する折田拓哉さま。以前も新宿ワープの1階レンタルスペースをご利用くださった初の嬉しいリピート事例になります。(記事はこちら)今回のイベントは「男のモテクッキング対決」。焼き鯖のサラダやブリ茶漬けといったほっこり系家庭料理から、7時間煮込まれたとろふわ角煮、新鮮な味のお刺身などなど…豪華なレパートリーの手料理が振舞われたそう◎写真を見てるだけでお腹が減ってきちゃいますよね!いつもご利用いただきましてありがとうございます^^こちらの事例のように、本格的な料理イベントや料理教室にもご利用いただけますのでぜひお気軽にご相談ください。

\朝活!/オリメシ×トータルボディデザイン 〜気がついたら痩せてる魔法のレシピ〜

\朝活!/オリメシ×トータルボディデザイン 〜気がついたら痩せてる魔法のレシピ〜

〜気がついたら痩せてる魔法のレシピ〜をテーマに、「好きなものを食べても太らない体質」をプロデュースするトータルボディデザイナーの原田龍さまと、フリーランス料理家で渋谷にオリタ食堂を展開する折田拓哉さまによる共催イベントが行われました。前半は対談形式によるトータルボディデザインのメソッドについてお話があり、後半には美容・健康面ともに完璧な食材で作り上げられた朝食用のお弁当の実食・お持ち帰りいただきました!みなさま健康と美容の両立に興味津々、質問コーナーではたくさんの手が挙がりイベントは大盛況。平日の朝7時30分開始ということで、イベント後にお仕事へ向かわれる人がたくさん。朝の空気がすがすがしく、有意義な時間をすごしていただきました!

【クリスピー・クリーム・ドーナツ×新宿ワープ】新製品「WACHAシリーズ」の新商品発表会!

クリスピー・クリーム・ドーナツ×新宿ワープ 新製品「WACHAシリーズ」の新商品発表会!

クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社さま

新製品「WACHAシリーズ」のプレスリリース会として、ご利用いただいたクリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社さま。会場の選定基準は、会場の立地、着席できる机・イスの数、キッチン付きであること。いくつかの施設と比較検討いただき、「内装が商品のイメージとばっちり合っていた」「会場が路面・1階で器材の搬入がスムーズ」「スタッフの対応スピードの早さに安心感」と3つのポイントが決め手となったそうです。実際にご利用いただいて、会場のレイアウトも簡単に調整でき、20名程度の規模にちょうどよかったとのこと。当日はお天気にも恵まれ、温かな日差しが春の新商品にぴったりでした。

当日の様子はこちら:〈クリスピー・クリーム・ドーナツ〉から 「和茶ドーナツ」や「和茶ドリンク」が登場!


太陽の日差しが降り注ぐ、暖かい雰囲気のワープでウエディングショットを

太陽の日差しが降り注ぐ、暖かい雰囲気の中でウエディングショットを

 【個人利用】工藤 さま

ウェディングフォトの撮影会場としてご利用いただいた工藤さま。 たくさんの装飾品をお持ち込みいただき、様々なカットで撮影。お天気にも恵まれ、明るい日差しが降り注ぐ室内の雰囲気は新郎新婦お二人の柔らかい表情とぴったり。「リラックスしながら私達らしい瞬間を残せる空間でした」とのお声をいただいています。大切な機会に新宿ワープをご利用いただき、スタッフも感無量です。このたびはおめでとうございます!

コーヒーの選び方講座「美味しいコーヒーに出会える日」

コーヒーの選び方講座「美味しいコーヒーに出会える日」

 

S’more さま

店舗を持たないweekend coffee shop「コーヒーと人とそれから」を主催するバリスタの長島幸平さまをお呼びして、「美味しいコーヒーに出会える日」をテーマに、美味しいコーヒーの選び方についての講座を開催されたS’moreさま。会には20名ほどのお客様が来場されました。キッチンのカウンターを挟み、コーヒーを入れる手つきにみんなの目は興味津々。長島さまとの交流の時間も設け、コーヒーの香りに包まれた温かな雰囲気の中、ゆったりとした時間が流れました。

桜咲く温かな空間で大好きなスケート選手のファンミーティングを

桜咲く温かな空間で大好きなスケート選手のファンミーティングを

 

【個人利用】田中さま

とあるスケート選手の来日に合わせて、ファンミーティングを主催された田中さま。”インドア花見”仕様の室内は、桜の生木が飾ってあり、写真映えもよく満足度も高かったとのお声をいただきました。また、新宿近辺で条件と合致する広さの会場を探すのに苦労されたそう。40名まで収容可能な広さと、内装の良さにもご満足いただきました。素敵な会に利用いただき新宿ワープスタッフも嬉しく思っております。ご利用ありがとうございました!